Home
理事長挨拶
団体の概要
Special Interview
Activities
日本人会
blog
イベント
石川県 食彩展
2011年1月29日
「美の表現者」として多彩な活躍を続けるSenorita CHICOの45分

「美の表現者」として多彩な活躍を続けるSenorita CHICOの45分
自身のブランドの中で今後世界に発信する「WABAYA」のお披露目を始め「WABAYA」を着ての歌曲を披露する。
Senorita CHICOの歌とパフォーマンスは国際化時代の中、「温故知新」として心に響く。

January 29th 2011
Ishikawa prefecture (Dinner show)
Senorita CHICO gave a 45-minute performance playing a role presenting the beauty of the Wabaya and the concept of its design. The song was an announcement of the Wabaya's birth to the world.



QuickTime Player

Presenter: Derrick Jackson
アメリカデトロイト生まれ
アメリカンフットボールで活躍 来日後、英語教師、翻訳等で活躍ファッションショーの司会も務める。

Introducing Songstress:  CHICO
Italian song: Ombra mai fu (樹木の蔭で)
Japanese song: Notohanto

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

加賀友禅(かがゆうぜん)とは、国の指定伝統工芸品で、江戸中期に栄えた加賀御国染を基に京友禅の創始者といわれる絵師宮崎友禅斎が、金沢に移住した後、気候風土に合わせて改良確立した染物の技法と、その作品である。加賀五彩(藍、臙脂、草、黄土、古代紫)と呼ばれる艶麗な色彩で知られ、特に紅色、紫、緑系統の色を多用する。

柄は、図案調の京友禅に対して草、花、鳥等の絵画調の物が多く、「虫食い葉」等独自の装飾がある。金沢市内を流れる浅川では、工程の最後の方に、余分な糊や染料を洗い流す友禅流しが見られることがある。

”Wikipedia”より

 

Tradition Japan
メトロポリス
Copyright(c) TraditionJapn.All Rights Reserved