Loading

BLOG

江戸小紋

江戸時代、諸大名の裃模様付けが発祥の江戸小紋

後に江戸小紋は、大名家間で模様付けの豪華さを張り合うようになり、それに規制が江戸幕府から加えられました。模様を細かくせよ!という規制によって、遠くから見た場合は無地に見えるようになり、結果、非常に高度な染色技を駆使した染め物となったのが江戸小紋。各大名が使える模様も固定化されました。代表的な模様として「鮫」は紀州藩徳川氏、「行儀」は仙台藩伊達家「角通し」は信濃戸田家で(三つの小紋まとめて「三役」)と言いました。

鮫 行儀 格通し

「鮫小紋」ですが、鮫の肌のように見えるためこう呼ばれました。また、オロシガネなるほどサメの肌は固いので、身を守ってくれる験担ぎもあったようです。特に細かい柄を極鮫(ごくざめ)小紋といいます。細かければ細かいほど、とても高い技術が必要な模様です。
角通し模様は細かな正方形を規則的に並べた模様。
行儀模様は小さい霰を斜めに並べた模様です。

「松葉」「御召し十」は徳川氏、「万筋」「菊菱」は加賀藩前田氏、「大小あられ」は薩摩藩島津氏「胡麻柄」は佐賀藩鍋島氏があります。 大名の裃の模様が発祥の小紋は「定め小紋」または「留め柄」と言います。

松葉
お召し十字
万筋
菊菱
大小あられ
ゴマ柄
固定ページ:

1

2

俯瞰すると見えてくる

着物を着ないのは何故か?

関連記事

  1. 夏の祭りは相次いで中止に

    2020.07.17
  2. 着物を着ないのは何故か?

    2020.08.01
  3. 伝統という名の思い込み

    2020.07.21
  4. ブログの開始

    2020.07.10
  5. 日本人の美意識と世界

    2020.07.20
  6. 新型コロナウィルス感染症拡大防止に向けてマスクの紹介

    2020.07.13
PAGE TOP